作者別: 駅元ゆる体操教室

縮小。

倉敷の教室と東古松月曜午後クラスを中止させて頂きます。

皆さんに、事情を説明すると快く承諾して頂き、午前クラスに変更して参加して頂ける事になりました。

さすがに、お話していきなり11月からは駄目だと思っていましたが、皆さんの方から「来月からでいいよ」と言ってくださり、感謝、感謝です。

8月に父が入院して、1人で実家の工場をやる事に、教わっていない事もあり、なかなか苦戦の連続です。

納期に間に合わず、50を目前にした僕を上会社の部長は小学生を叱るように怒るし(おぼえとけよと思いながら(笑))と、この事を笑い話にして皆さんにお話ししました。

先週、父が退院したのはいいですが、ほぼ寝たままの介護、教室縮小を決断させて頂きました。

東古松 午前・夜クラス、土曜日の岡山駅元教室は、更に指導を洗練させてゆる張りますので宜しくお願い致します。

レーザーを、

妻が息子に、自転車を教えてあげてと言うので、これは面白い身体意識のレーザーを使ってやってみようと家の前で少しやってみました。

真っ直ぐの道が少なく、レーザーを試す前に、10分ぐらいであれっこいつもう乗れるぞと思い。

自転車を車に積んで息子と広い河原へ、

自転車を降ろして走り出しの最初だけ支えたら、いきなりシャーと乗って行ってしまいました(笑)。

レーザーを試す間が無かった。

その後、走り出しのところで上手くいかず苦戦していましたが、余計なことを言ってはいけないと(ここでレーザー試したかったですが)黙って僕は歩道に取り組みました(笑)。

親や大人が先に先に口を出して、子供の学ぶチャンスを奪っているところをたくさん見ているので、こういう時はいつも黙っています。

しばらくすると上手く乗りだし、僕を無視して楽しんでいました。

レーザーの講座を担当させて頂いて、参加者の皆さんのレーザーを摘んで引っ張るとき、これは息子で試そうと思っていたのですが残念でした。

 

 

時間変更しました。

11月の土曜日教室、時間変更しました。

11月9日(土)オルガホール  4Fギャラリー  10:00~13:00 中級ゆる体操教室

久々に、経験者に限定して思いっきりやってみます(笑)!!!

気持ちいいけど、

昨日は金曜夜クラスの前に勉強熱心な田代さんが、高岡先生の「丹田 肚 スタマック」の本を読まれて質問してこられました。

ジンブレイドとリバース武蔵に興味を持たれていて、いろいろ答えるのが面倒で(冗談です×2)目の前に 昔の空手の後輩がいたので軽く突かせてもらう事にしました。

ジンブレイドからベストの突き、リバース(と言っても抗腰抗腿抜きぐらいしか出来ません)からベストの突き、思ってたよりスムーズに突け、なんとも気持ちいい(笑)。

それにしても、どこでやっても盛り上がるな!    みんなストレス溜まってるのかな?人が殴られるのをこんなに喜ぶなんて?(笑)

H君、ありがとう!   今、忙しくて来れていない山田くんが来たら、もっと×2強く突けるのに?

ちょっと詳しく。

福井の福海先生が取り上げてくれたので、もう少し詳しく書きます。

国体に向けて後3回のトレーニング、エルゴを準備したトレーニングルームに着いたら皆を集合させ、

「後3回の練習で、インターハイで負けた2チームに5秒差つけて優勝するぞ! その為に後3回の練習は死ぬ気でいくぞ!   ただ、エルゴを全力で漕ぐな、腕や脚なんて使わんでいい、息があがるようなこともせんでいい、そのかわり仙骨の意識が100倍になって仙骨だけで漕げ」

皆、目つきが変わって小さく頷いてくれました。(いけるぞと思いました)

調整を終えエルゴに入ったら、1人に1人ずつエルゴの横にへばりつかせ、漕いでる間中、仙骨を軽く叩き続けました。

調整とエルゴを交互に3回終わって、皆を集め、

「よし、いいぞ! 意識が2~30倍に高まっているのが分かるな!」  実感した顔で小さく頷く。

「よし! ここからが勝負だ、20倍を100倍にするぞ! ここからが最初に言った死ぬ気のトレーニングだ」

1時間、終わった後に、皆、体疲れてない(筋疲労無し)息あがってない(心肺機能使ってない)のに「あ〜っ」と倒れそうになっていました。

国体予選後、森川先生から、

インターハイで負けたチームに2秒差をつけて圧勝(5秒差つけろと言ったのに(ちょっと言い過ぎでした))  「早くなってますよー、いけますよ」「あいつら、宿舎でずーっと摩ってます」1番面白いのは「皆、レースが楽だった楽だったと言ってます」というところです。←ゆるトレーナーの方でしたら良く分かると思います。

という事で、決勝漕がせてあげたかったー。

出入禁止?

息子がピアノを習っています。

[なぜか、僕には内緒で習っていました(笑)習い始めて半年くらいの時、車で走っていると「ここピアノ教室に行く道だ」って突然言うので、「えっ いつから行ってるの」「ずっと前から」 マ マ マジか、、]

夫婦仲が悪くはないはず、信用はないかもしれませんが、、、

息子の初めての発表会で、小さなホール、次々出てくる子供達が演奏していきます。

ただ、せっかく一生懸命演奏したのに、観客のお父さんお母さんは静かに小さな拍手。

息子が出てきて上手く??想像以上に(親バカ)演奏したので、思わず「としきー!良かったよー」と演奏以上にホールに響きわたりました。

妻はそれが嫌だったのか、先日の発表会を知ったのは直前で、妻が「忙しいんだから来なくていい」と、行けませんでした。。

次の機会は、他の子まで盛り上げてやるからな!(行けるかどうかが心配ですが)

朝一で見て、、

いつものように、4時半に起き、子供をさする前に自分の寝ゆるとさする手を緩め、寝ている息子をさすってから家を出ました。

実家の父の工場に向かいながら、関西ボート部の国体準決勝の結果を新聞が先か森川先生のブログが先か迷いながら向かいました。

新聞から見て、準決勝1位通過決勝へ、よしよしと思った後ろに、決勝中止と小さく書かれていました。

理解が出来ず、意味がわからなかったのですが、森川先生のブログで天候不良での中止が分かりました。

「う〜ん」と唸って、森川先生のブログに「このクルーで、決勝で最高の漕ぎをしてほしかった、残念」と送りました。

この大会予選で、インターハイで負けたチームを含めインターハイの2位3位4位5位が並ぶというレースをぶっちぎりの1位通過!

僕には自信かありました。(インターハイの時も自信はあったのですが、)  国体までの3回の練習で、死ぬ気でやるぞと奮い立たせながら取り組んだのが、6連覇以降やってなかった、ゆるトレの中の超基本3つの調整とエルゴを交互にやるトレーニング、その効果と皆の変化で必ず勝つと信じていますした。

予選のレース結果で確信していたのですが、残念。

残念でした。

森川先生、クルーの皆んな、お疲れ様でした!

 

演じた。

また、僕の誤操作でホームページ固まっていました。

その間に、関西ボート部、最後の国体に向けて(ゆるトレの練習で)闘いました。

久しぶりに僕も熱血トレーナー演じました。あんまりやり過ぎると子供達が逆にシラケるのでコントロールしながら、残された3回の指導の前に「皆んな集まれ!皆んなが国体で優勝獲るには、俺との後3回のゆるトレで死ぬ気になって・・・」

今日、国体に向けて出発です。

悔いのないよう頑張れ!

準備万端?

RSKラジオさんで、壁もたれ腰モゾモゾ体操させて頂きました。

本番始まる前に入念に腰をゆるめて行きました。

体操後、米澤アナが僕の腰を触って大笑いしながら「これなんですか〜、もの凄く動いてますね」とお伝えしてくれました。

米澤アナ、ありがとうございました^ ^ 「米澤さん、腰触った時は驚いてくださいね」とお願いしてました。  このへんの準備も万端でした。(教室に来て頂いている、Mさんとか、Tさんとか、Hさんに、セコいですね人間小っさって言われると思います)

よ〜しっ バラバラに腰ゆるめるぞ!

購入できる?

前回のブログから、何人かの方に「小学生にゆる体操、上手く伝えれますか」「私のやっている教室でも取り入れたい」など、質問を受けました。

ゆる体操の取り入れやすい体操を上手く取り入れるとベストですが、小学生以下で少し難しいという方によくお勧めしている本です!

「運動が得意な子になる育児BOOK」高岡英夫監修   成美堂出版

何人かの指導者に貸した事があるのですが、帰ってこなくなりそうになったので貸すのはやめました。。  それほど貴重な本です。

アマゾンか何かで買えるかな?